省エネ利用

省エネを意識したエアコンの使い方

エアコンと言えば、暑い時期や寒い時期には欠かすことができない重要なアイテムですが、何も考えずに好き勝手使用していては、体が冷え過ぎたりして健康に良くないですし、電気代もかかりますから、気を付けて使うことが大切です。
なお、エアコンの省エネを心がけるには、まずは温度に気を付けることが大切です。
大して暑くもない日に、やたらと温度を下げてエアコンを使用しては、電気代がもったいないだけです。
28度ぐらいでも、十分涼しく感じることがありますから、まずは高めの温度設定で作動させて、状況に応じて下げていく使い方をすると良いでしょう。
なお、いる場所によっても感じ方は変わってきます。
エアコンのすぐ近くで過ごすようにすれば、28度ぐらいであっても、涼しいどころか寒く感じてくることもあります。
風の向きや風量によっても感じ方は変わりますから、色々と調整しながら使用していくことが、省エネにつながっていく近道と言えます。

エアコンの省エネ利用の注意点

エアコンと言えば、暑い夏には欠かすことができない重要アイテムですが、使い方によって、電気代のかかり方が変わってきますから、注意をしながら使って行くようにして、省エネに努めたいものです。
例えば、エアコンを一度作動させると、ついつけっ放しになってしまうことがあります。
もしかしたら、部屋の温度はそう暑くなく、エアコンを使用しなくても十分にしのげるようになっているかもしれません。
ですから、状況を確認して、一旦停止して、窓を開けてみることも大切です。
そうすると、思いの外、涼しい風が入ってきて、十分過ごせることもあります。
また、エアコンをつけっ放しのまま寝てしまう恐れもありますから、30分後や1時間後に停止するように、タイマーの設定にしておくと、もしもの時に役に立って、省エネにつながるものです。
そして、エアコンは内部が汚れていると、通常よりも電気代がかかってしまうものです。
ですから、クリーニングの必要はないか、と言ったこともチェックしておくことが、大切なポイントと言えます。

Favorite

珊瑚 宅配買取

2018/12/20 更新

copyright(c) 2015 「Air conditioning guide」 all rights reserved.