エアコンの清掃

エアコンの清掃はこまめに

エアコンの清掃といっても簡単なものから大がかりのものまで様々なレベルがあります。
簡単なエアコンの清掃としては風の吹き出し口の埃はこまめに除去するなどです。
大がかりなものは内部まで専用の薬剤を使用して内部の埃、カビなどを取り除くというものもエアコンの清掃に分類されます。
内部の埃やカビの除去は1年に1回が理想です。
ただし、最近のエアコンは季節に関係なく使用するため、どのタイミングで行うかがわかりづらいものになっています。
理想としては梅雨明け直前なのですが、自分で清掃するならともかく、外部の業者に依頼する場合は、予約が取りづらい、梅雨明けを見越して予約を入れたのに梅雨が明けなかった、など様々なトラブルが発生しています。
エアコン内部のカビについては自分で薬剤などを購入することもできますが、一度専門の業者に依頼をして「お手本」として学ぶことができれば、翌年から自分で行ってみるという方法もあります。
無理をせずに時間を多めに取ることが出来る日、晴天の日を選ぶようにすると失敗する確率も少なくなります。

エアコンフィルターの清掃は定期的に行う

部屋をあたたかくしたり、涼しくしたりする設備として年中大活躍してくれるエアコンですが、フィルターの清掃をしていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
なかなか定期的に清掃をするとなると、高い位置にある分後回しになったり、忘れてしまいがちです。
しかし、きちんとエアコンフィルターの清掃をしていないと、光熱費が余計にかかったり、効きが悪くなる可能性もあります。
いつもよりも電気代がかかって驚いてしまったり、あまり冷えたりあたたかくならない、という場合には、まず清掃をしてみることをおすすめします。
方法としては、エアコンのフィルターを取り外して、掃除機でほこりを綺麗に吸い取ります。
もし汚れがひどい場合には雑巾を固くしぼって水拭きをしてこびりついた汚れを綺麗にしましょう。
この作業を2週間に1回程度行うように心がけることで、電気代節約になったり、エコにもつながるのです。
心当たりのある方は試してみてはいかがでしょうか。

check

最終更新日:2018/6/22

copyright(c) 2015 「Air conditioning guide」 all rights reserved.